topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スムージー禁止。。 - 2014.01.05 Sun






ついに習慣にしていたスムージーをやめることにしました

糖の摂取を制限することに。






元々甘いものが大好きで

過去に甘いもの過食症になり

足の指が麻痺したことがあるほどだった私



それから、これはマズイ!と思い

砂糖を使わないスィーツ研究からマクロビオティックに

出会ったのが15年前でした




当時、田園都市線沿線に住んでいたので

今思えば比較的マクロビオティック食品が手に入りやすい

ところにいたんですね



初めて玄米飴というものを手にして、感動したことを覚えています



マクロビスィーツは白砂糖不使用
でもこれは果物が生なので果糖がショ糖陰性ですね(^◇^;)



ローフードという生食をすすめる食改善に出会ったのが2年前

マクロビオティックとローフードの共通点は

菜食であるということで

その食べ方は

マクロビオティックは生を食べない

ローフードは加熱食を食べないという

むしろ相反するものでした


ロースィーツは基本ナッツで高カロリー冷凍です





ベジカフェを始めて

更に食や人、特に女性が健康である法を勉強するにつれ

疑問点が生まれていました





ローフードの

酵素を効率良く摂取するため

加熱しない果物野菜をできるだけ細かく砕き摂り入れる

という考え方や実践法は共感でき、

更にミキサーで作られる冷たいロースィーツは

女子の心をくすぐる未知のものでワクワクするものではある




でも、やっぱり冷える。

果糖は白砂糖と同じショ糖で、血を溶かす溶血作用がある
体を温めているのは鉄やミネラルで
血を溶かすということは
鉄を壊していることになるのでは?



白砂糖(果糖)による冷えが体にどのような結果をもたらすかは
こちらのカテゴリでも書きました
lhttp://naturallifestudio.blog.fc2.com/blog-entry-158.html


ローフードを勉強してからずっと、寒い国では

繁栄しないと確信していました

元々ハワイで発祥して肥満大国で流行り始めましたから。






マクロビオティックはオールシーズン

ローフードは夏だけ、のように

または

いつもの食事に少し取り入れる

食べ過ぎたら1日やるなど

上手に利用できればとてもいいダイエット策だと思います



「食べる」ということがファッションになっている現代

わけが分からず試すということは怖いこと

(そういえば、ドイツやフランスでは
アロマの精油は薬として使用されていて
原液を飲むこともあるんだよと
教えたら
成分表示のない安いレモンのアロマオイルを
水に入れて飲んでみたという友達がいて
知識がないとは恐ろしいと思った。


最近は食品添加物として精油を出してるが
間違えて妊婦がクラリセージを飲んだら
どう責任とれるんだろうと
真剣に思う。)




更年期の症状がある
妊娠を希望している
ホルモンバランスを整えたい
貧血
婦人科系疾患
ほかにもたくさんある女性の悩みを持っている場合は

ローフードは体を温める鉄分や血液を薄めてしまうから
冷えるので適度にして




高血圧や高脂血症、特に肥満など

血液が汚れていたり濃い場合はローフードを

試していただきたいです

でも冷える人はマクロビがいいですね





マクロビオティックは深めようとすると
ちょっと難しい

体を温める陽性の食材と冷やす陰性の食材の勉強です




陽性体質の人は陰性の食べ物で

陰性体質の人は陽性の食べ物を取り入れ

調整する食事法




お塩(陽性)摂りすぎたなあと思ったら

麦茶や番茶などのやや陰性のお茶を飲んで調整したり

これが慣れると足し算引き算で楽しいです




そして、特にお肉やお魚を禁止はしていません

何事もほどほどに(^-^)
という観点。





というわけで

個人的についにスムージーをやめます(長い(笑))






みなさん

寒い時期、お身体大切に。。

スポンサーサイト

穀物玄米食のこと。 - 2013.09.15 Sun






わたしは穀物菜食です

って言わなくても知ってますよね(^◇^;)

もともと肉をあまり食べなかったし、食べると不腸になるし

ひどい便秘症だったので一生懸命ヨーグルトは食べてました

でも食べると逆に冷えて腸が動いてないことに気づいたのは

22歳の頃。






マクロビオティックのお店を始めて

以前よりもしっかりと勉強し、しっかり試食と人体実験(笑)

さらには重ねばき靴下や白湯で

毒出しをし続けて

とても体調がよく元気です





ヨガの世界にはベジタリアンが多いですが

少しはそれを意識してたとこもありました

でも単純にお腹の具合が悪かったり

お肉を食べると元気がなくなったりするので

食べないという方がわたしの場合自然です






これから妊娠を望んで行く方々と

産後バリバリ働き続ける女性たちと

頑張らねば!と思いますが

大好きなエスプレッソ、アイスクリーム、スィーツ、お酒、果物

これらを断つ必要がありました





これらによってわたしの内臓はキンキンに冷やされてたのです

ヨガのおかげか末端が冷えることはないんですけどね。

だからこそ、気付きにくかった







今、お酒と珈琲は一切飲んでません

市販や白砂糖のスィーツも食べなくなりました

果物は時々。

アイスクリームはストレスにならない程度我慢してます(笑)





穀物ラテでキャロットケーキ(*^o^*)







雑穀ご飯を煮たお野菜たちでいただくようになって

お腹が温かいのがよくわかります






現代女性の98%が

内臓の冷えを持ち、同じ確率で流産しています





どうかどうか

頑張っている自分をいたわりながら

優しいお食事してあげてください



必ずからだは応えますよ。







秋の食べ方、過ごし方 - 2013.08.26 Mon




今日はちょこっと薬膳の視点から食のことを

書いてみようと思います





東洋医学では五行陰陽というのがあって

五行というのは季節ー春、夏、長夏、秋、冬のことを指します

陰陽というのは陰の食材、性質や陽の食材、性質のことです

全ての食べ物に陰性と陽性があります
※陰は冷やす、冬、夏の食材
※陽は温める、夏、冬の食材



そして身土不二……体と土地は分けることは
できないということです
気候や土地の風土に影響される
四季ある日本ならではです

旬のものにパワーがあります






今年はとても素直な四季だと思います

お盆明けから雨が降りました

この雨は降る度に涼しくなり秋になります




こうして涼しくなる季節~冬に向けて

体は自然に汗などの発散をやめ
吸収するようになります

外からうちに向けて働く陽性の力が働くのです

※春夏は逆に発散する季節





取り込みやすく、出しにくい体質になるため

夏に摂っていた水分や冷たいもの、スイカ、キュウリ、麦などをやめ

陽性の温める野菜などを食べるようにしないと

身体に毒が溜まりやすいのですね






この、陰から陽に変わる季節が一番体調を崩しやすいです

うっかり切り替えるのが遅くなると

涼しくなったはずなのにいつまでも身体が重いなあ

なんてことが続きますよ






【夏の疲れを残さないために】

ます、先ほどもお話ししたようにこの時期は

吸収力が強いため、冷たい水分を摂りすぎないこと!です。

お腹が冷えるのは湿気がお腹にこもって

それが排出されず冷やされるから。





◎ご飯中、食後に水分を摂りすぎないこと

~これはお米を食べる場合はお味噌汁のみで
充分と言われています


お米は60%が水分ですから
食後のお茶は消化を妨げます



パンの場合はものによりますが30%くらいの水分量なので
多少摂ればいいようです




◎さらには!

一緒に「塩~塩分」を摂りしょう

精製塩はだめですよー( ̄▽ ̄)
天日干しされた海水塩や梅干しもいいですね

わたしはボリビア岩塩です

ベストはお味噌がいいですね
麹菌が消化を助けますからね


塩は強い陽性なので身体を温めます
そしてら吸収力をUPさせるので
身体にいい素材と塩揉みで食べるだけでもいいですね

この時期は黄色い甘みのあるものとお塩を摂ると効果的

※つまり吸収力UPさせるので
悪いものも吸収しますから気をつけましょうね





◎バテてしまったら。。秋バテ解消法


本葛100%を朝晩1回ずつとろ火で温めながら混ぜ
熱いうちに飲みます
お腹を温めて回復します

※本葛と書きながら
成分が馬鈴薯や芋のでんぷんのものがあるので
気をつけましょう





◎それでもなんか辛い(T_T)という時。

黒い食材を摂ります
腎臓を助け血液を作ってくれますので効果的。

黒人参、黒ごま、ひじきなど~




ちなみにどうなれば腎機能が弱っているかといえば
皮膚がカサカサして
カラ咳が出るようになります

そう。乾燥してますね



身体を潤わせてリンパの流れを良くしましょう







身体を温め潤す食材は白いものですよ~

今なら冬瓜や百合根、蓮根ですね♪








ベジカフェの秋プレートには

冬瓜ととうもろこしの豆乳スープや

かぼちゃのお味噌汁

蓮根と冬瓜の皮のきんぴらなど

始まってますよ♪









hari om.

ちなみに私の場合 - 2013.08.12 Mon




前回働き過ぎの女性の女性ホルモンは

崩れやすいのでオンオフの切り替えを

上手にしましょうという

お話のつづきです





私は、お店をやる前は一年間

ヨガのインストラクターをしていました


その前は中学校で3年、高校で7年間

美術を教えていました





学校勤務は本当に多忙で

美術の先生が少ない地域なので

掛け持ちが多く、一日に2校を回っている日もありました

もちろん授業だけが仕事ではないし

生徒が帰ったあとに、やっと自分の仕事ができるので

やっぱり帰宅は遅くなりました





今ではヨガスタジオとカフェを立ち上げ経営をしていますが

それはそれは膨大な時間とお金を費やしました

当たり前に体調もガラガラ崩しましたし

家庭状況にも影響しました





うちの家庭は

旦那さんが食べる食費だけを預かって

光熱費は旦那さんが支払って

後は全部折半です




私が破産しても逆に大金持ちになっても

旦那さんが無職になっても、ボーナスが入っても

お互いに関係ないですね






必死で働くこの状況が果たして良いものか

毎日考えます






女としての幸せの成立って難しいですね(苦笑)




男性と女性の立場が曖昧なのも

現代の特色ですね





働く女性が増えていても

女性の体は男性より弱く左右されやすいのは変わりませんね

ヨガしていたってそれ以外の人間関係がある限り

心がいつも平和でいることは当たり前に難しいです





上手なオンオフの切り替えで

気持ちよく過ごしたいものですね







hariom.

女性ホルモンと体温の関係 - 2013.08.11 Sun







前回、白い砂糖は冷える。というおだいから

ホルモンと体温は連動していることと

女性ホルモンの働きについて触れてみます





女性ホルモンと体温が連動している、というのは

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの働きです

単純に基礎体温をみればわかりますが

卵を温めるための体温上昇(高温期)にはプロゲステロンの働きが必要なのですよ

赤ちゃんが育つ環境を準備してくれるのです




一方よく耳にするエストロゲンは子宮内膜を厚くしたり

皮下脂肪に潤いを与えて肌にツヤや潤いを与える美容ホルモン

その他脳を活性化させたり、気持ちを明るくさせたり!






ところが

ホルモンバランスが崩れていると

エストロゲンが働かずお肌のハリツヤがなくなり

元気がないねなんて言われてしまうだけでなく

プロゲステロンが働かず、子宮が冷えてしまって不妊に繋がってしまうのです






ホルモンバランスは

⑴白砂糖の多いスィーツや果物、肉や油の多い欧米食を食べることや

⑵夜遅くまで働きすぎて男性ホルモンが出てしまうこと

⑶冷えや便秘

によって崩れるデリケートなものです





⑴肉食女子って最近耳にするけど、ほんとに大丈夫?

肉の種類によります。「家畜」と呼ばれ育てられた牛豚鶏は

そのほとんどが抗生物質やホルモン剤をうたれています

それは食べた人にも大きく影響し、

環境ホルモンー「内分泌撹乱物質」を摂りすぎてしまうことで

人のホルモンの分泌を撹乱させるそうです



10歳以下でおっぱいが大きくなったり

精子の数が減少しているのもこれが原因と言われています






⑵働きすぎると女性の持つ微量の男性ホルモンーテストステロンが

活性化され

毛が濃くなったり、ひげが濃く、声が低くなったりするとか。




女性の体は男性よりデリケートですから

夜リラックスして早く寝ること

オンオフの切り替え上手な人こそ

ビューティーウーマンなわけです。納得。




眠ることで分泌されるメラトニンが

老化を引き起こす活性酸素を除去するそうですよ




私自身、10年来学校勤務でとても忙しく

遅くに帰宅してすぐにビールと冷奴。寝るのも遅かった。

仕事も詰め込むのが大好きで

楽しいから頑張ってしまうんですよね

今思うとそんなに自分をいじめなくても良かったって

後悔しています




気づいた時から

やっていきましょう♪







hariom!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

shinobu

Author:shinobu
美術講師、ヨガインストラクター(hatha,Matanity,baby)
NARDメディカルアロマアドバイザー
Kushiマクロビオティックアカデミー在学。
マクロビカフェ元オーナーin久慈
オーガニックライフな妊娠中。

カテゴリ

ヨガクラス日程ー2015 (3)
ヨガイベントー2015 (0)
未分類 (21)
ベジカフェのメニュー (44)
ベジスィーツレシピ (12)
マクロビオティックレシピ (9)
スムージーとローフードのレシピ (9)
ベジカフェで使った材料 (7)
正しい食と食材のこと (3)
体を温めホルモンを整えること (8)
岩手の素敵なものごと (6)
cafeのこと (29)
ヨガのこと (8)
日々のこと (19)
イベント (8)
マタニティヨガ (1)
妊娠出産 (2)
育児(食、環境などなど) (1)
ベビーヨガ (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

facebook

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。