topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告 - 2014.06.26 Thu




5月21日元気な男の子を出産しました(^-^)/

現在、母乳育児真っ最中です




マクロビカフェをcloseした時から

この子がこの世に生まれる日まで

やっぱり気にしたのは食事でした




私の口に入るものは全て胎盤を通して

この子へ行く。

結果的にマクロビ食生活を続けていれば

産後育児も問題がないとわかりました




ただ、ベジタリアンはビタミンB12が足りなくなるので

妊娠中は意識して摂取しなければなりません

ビタミンB12は赤ちゃんの細胞や皮膚を作るもの。

私はニュートリショナルイーストを野菜にふりかけて食べました

粉チーズのようで、しかも減塩になるので肉食の方へもオススメ





39週に入った時に

母乳育児になればケーキが食べられないと知って

お菓子の食べおさめをしました(笑)





そして今、完全母乳育児ですが

まだ実家にいるので

食事を作る母が大変そうです(笑)




まだ小さいので牛乳、卵、小麦は気をつけて食べないように。

そして冷えて固まる油類もおっぱいが張るので×。

甘いものも控えめに。

南国の果物は食べ過ぎないように。

などなど




でも、マリエン薬局のハーブティーのおかげか

割と果物を食べても、プリンなんか食べちゃっても

おっぱいが痛くなることはありませんでした




あとは

タンポポ珈琲を意識してのんでます

母乳育児はすごくお腹空くし

わたしは貧血?めまいが結構あるので

タンポポ珈琲とプルーンは手放せません~♪






今日は野菜ソムリエさんで看護師さんのお友達が

赤ちゃんに会いに来てくれました




午後からは生後3ヶ月の赤ちゃんのいる近所の教え子のところへ♪



生まれたての赤ちゃんを持つママたちは

本当に大変。




ストレスたまらないように

分かり合える人と話しながら

できる範囲でやりたいです(*^^*)






スポンサーサイト

【妊娠出産】アクティブバース - 2014.03.19 Wed








マタニティヨガのTTCを受けた時に

初めて耳にしたアクティブバースという言葉。



その時から産む時は、できることなら四つん這いで!という

希望がずっとあります



更にできることならソフロロジー法で

畳の部屋で出産したいけど

私の田舎には推奨している産院はないので

助産師さんに相談してみたいと思っています





どんな場所でも、産むのは私で主役はベビー。

助産師さんはサポート

自分の意思はきちんと持っていたい

先日の母親学級でも、妊娠出産は自分でコントロールできるという

婦長さんの言葉には大きく納得できました




陣痛が来た時、ただ横になって唸るだけでなく

赤ちゃんがやってくる準備をしっかり感じて

その道を確保する自分を作ること




アクティブバースとはそういうものかな?

どういうお産がしたいのか
どんな子育てをしたいのか
その目的の前にして
自分自身が産むのだという気持ち

流れに任せて〜
というのは大好きです

でも人を一人育てると思うと
それは流れに任せてはどうなっちゃうんでしょう。。と
思えてしまいます

自分と家族と何より生まれてくるこのこのための
未来へのアクティブではないでしょうか



もちろん陣痛や出産の痛みは未知のものだけど

赤ちゃんがやって来ること怖がらず

子宮口が開くまで、スクワットや腰回しをして

お迎えしたいです






陣痛や出産の際、パニックにならないためにも

今体の中でどんなことが起こっているのか

感じ取るためにも

ヨガはとても有効なツール





ヨガ経験のある人はわかると思うけど

ヨガを続けていると

自分にとって不要なものはいつの間にか削ぎ落とされ

心身に何が起きているか気づくことができる




だからできる限り、早い時点からマタニティヨガをしていると

すごい速さで変化している妊娠中の自分の体に

どうすることが有効なのか気づけるんですね




中でもとても大切にされているのは呼吸法とグラウンディング

安静になったとしてもできますよね





グラウンディングは立っていても座っていてもできます

地に足をつけるー心を落ち着けるという作業





天気や気候で気分転換や運動不足になりがちなら

ぜひご自宅で座って

朝の光を浴びながら大きく深呼吸するだけでも

どうでしょう?








ニュー・アクティブ・バース [単行本]
ジャネット バラスカス (著), Janet Balaskas (原著), 佐藤 由美子 (翻訳), きくち さかえ (翻訳)
出版:現代書館




マタニティヨガの推奨テキストとして購入したけど

助産師さんや妊婦さんが読んでいます

専門的なこともありますが

ヨガのポーズや効果も載ってます

陣痛やお産についてちょっとリアルで一瞬へこんだけど(笑)知ってよかった!と

思うことがたくさんありました




つわりでしんどいとか、体重管理で食べたいものが食べられないとか

したいことができないとか、あちこちが痛いとか

なーんでもないことに思えました






良いお産、目指して♪







iPhoneからの投稿

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

shinobu

Author:shinobu
美術講師、ヨガインストラクター(hatha,Matanity,baby)
NARDメディカルアロマアドバイザー
Kushiマクロビオティックアカデミー在学。
マクロビカフェ元オーナーin久慈
オーガニックライフな妊娠中。

カテゴリ

ヨガクラス日程ー2015 (3)
ヨガイベントー2015 (0)
未分類 (21)
ベジカフェのメニュー (44)
ベジスィーツレシピ (12)
マクロビオティックレシピ (9)
スムージーとローフードのレシピ (9)
ベジカフェで使った材料 (7)
正しい食と食材のこと (3)
体を温めホルモンを整えること (8)
岩手の素敵なものごと (6)
cafeのこと (29)
ヨガのこと (8)
日々のこと (19)
イベント (8)
マタニティヨガ (1)
妊娠出産 (2)
育児(食、環境などなど) (1)
ベビーヨガ (0)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

facebook

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。